サッカー戦術分析

前線からのハイプレスには背後を狙えばいい件【サッカー戦術分析】

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

【dTV】初月31日間無料

【U-NEXT】31日間無料トライアル

【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

今シーズンのJリーグでは、ポゼッションサッカーのアプローチを採用しているチームがいくつかあります。ロティーナのセレッソ、川崎フロンターレ、そして横浜Fマリノスでしょうか。こうしたポゼッションサッカーに対して、どのようなアプローチをとったら良いでしょうか。

横浜Fマリノス vs 浦和レッズ

ポゼッションサッカーに対するアプローチとして、例えば、4−4−2のディフェンスラインを引いて、自陣のスペースを消し、ボールを奪ったらロングカウンターを狙うFC東京のようなチームもあります。

が、この日の浦和レッズはそうではなく、前線からのハイプレスを仕掛けて行っていました。前線でボールを奪うことができれば、そのままチャンスになります。昨シーズンのマリノスは、後方からのビルドアップでボールロストして失点というシーンが見られましたね。

ただし、今シーズンのマリノスはしっかり繋げているシーンが目立ちます。ハイプレスをかけてくる相手には、当然ですが相手の後方のスペースが開くため、マリノスの狙いどころとなります。そして生まれたのがこのシーン。

キーパーもポゼッションに参加し、一気に浦和ディフェンスの裏のスペースへ。エジガルジュニオがスピードで競り勝って、マルコスジュニオールへグラウンダーのパス、そしてフィニッシュ。見事なカウンターでした。それにしてもエジガルジュニオ、相当足が速いですね。高さもあるので、ロングボールのターゲットになりますし、ハイプレスをくぐり抜けて裏一発を狙うこともできて、非常に戦略的なオプションになりましたね。

名古屋グランパス戦でもロングカウンターが炸裂

ディフェンスラインの畠中から縦に繋いで、三好がボールを持った瞬間に一気に前線へ走り出す、仲川とマルコスジュニオール。レッズ戦といい、明らかに狙いを持ってやっていますね。今シーズンのマリノスは、ハイプレスで前線からハメようとしてもかわされますし、かと行って引いて守ったとしても、うまくハーフスペースを使われて崩されるシーンが見られるので、ポステコグルー体制2年目でサッカーの完成度が上がってきているのを感じます。

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

【dTV】初月31日間無料

【U-NEXT】31日間無料トライアル

【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中